飼育お役立ち情報

ハムスターの夏の暑さと湿気対策 | エアコンを使用しない方法も紹介!

ハムスターの梅雨の時期や夏の暑さ対策、湿気対策について解説したいと思います。

ハムスターは暑さにも寒さにも弱く、また湿気も嫌います。

適切な温度、湿度でなければ熱中症になってしまうかもしれません。

環境を整えてハムスターに快適に過ごしてもらいましょう🐹

エアコンで気温、湿度管理

エアコンで室温と湿度をコントロールしてもらうことが理想です。

気温 20~26℃ 
湿度 40~60%
程度に調整してあげましょう。
温度湿度計で管理するのがオススメです。

目安ですがわたしたちが快適に過ごせる程度の室温ですと、ハムスターもストレスを感じることなく過ごしてもらえると思います。

扇風機などで湿度を調整

ハムスターは人間のように扇風機で涼むことができません。

ですが湿気を扇風機で飛ばしてあげるのは効果があります。

その際は扇風機の風が直接ハムスターのケージに当たらないようにしてあげてくださいね。

ひんやりグッズを使う

暑い時期はケージの一部に床材の無い場所を作ってあげましょう。

その場所に触るとひんやりするものを置いてあげるとその場所で涼んでくれますよ。

珪藻土プレートは百均で売っているものでも大丈夫です。

また凍らせたペットボトルをケージの上に置いたり、中に入れておくのも効果があります。

結露で水分が出ますので、珪藻土やテラコッタなど吸水性の高いモノを下に敷いてあげるなどの対策も必要です。

保冷剤での対策も可能ですが、ソフトタイプなどはもしハムスターが噛んでしまって破れてしまうと大変です。ご注意くださいね。


わたしはハードタイプの保冷剤をよく使っていました。破れる心配が無くオススメです。

ペットボトルも繰り返し冷凍すれば傷んできます。

万が一にもケージ内で破損しないよう注意が必要です。

冷たい空気は密度の問題で下へ行こうとします。

保冷剤や凍らせたペットボトルを設置する時はケージの周りや下ではなく

上に置く方が効果的です。

アルミトンネルでくつろぐろくちゃん🐹

ひんやりアルミトンネルでくつろぐジャンガリアンハムスターの様子はこちらの記事で🐹ご覧ください。

ろくちゃん in 夏のトンネル【 ジャンガリアンハムスター 】ジャンガリアンハムスター 「ろく」のかわいい寝相写真・動画を載せています。...

床材をこまめに交換する

温度と湿度をきっちり管理されていれば普段通りで良いかと思いますが

梅雨時などどうしても湿度が高くなりがちです。

そういう時はいつもよりマメに床材を交換してあげると良いです。

梅雨時に多い雑菌も繁殖しにくくなりますし、また多めに床材を入れてあげることで湿気を調整してくれる効果もありますよ。

まとめ

エアコンを使用しない暑さ対策を紹介してみました。

あくまでエアコンを使って温度管理してもらうことが理想的ですが、24時間つけっぱなしにできないご家庭もあるかと思います。

こちらで紹介した方法で、少しでもハムスターが快適に過ごしてもらえればと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。