お迎え(購入)ガイド

ハムスターの1ヶ月ごとにかかる飼育費用はどのくらい? | 毎月かかるコストを公開します

ハムスターを飼ってみたいけど、毎月どれくらいお金がかかるの?

ハムスターを飼育するのに、どれくらいお金がかかるのか気になる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

この記事ではハムスターを飼育するのに、1ヶ月ごと(毎月)にかかる費用をまとめてみました。

実際にかかる費用を見てもらい、ハムスターを飼育する生活をコスト面からも考えてみましょう。

ハムスターの飼育費用・1ヶ月ごとにかかるお金はどのくらい?

ハムスターを飼育する際は、初期費用のほかに毎月フード代、トイレ砂代、床材交換の費用などがかかってきます。

かつての私がそうでしたが、飼育経験が無いとどのくらいお金がかかるのか不安ですよね。

例として、私がジャンガリアンハムスターを実際に飼育していた際にかかった金額を紹介します。

ジャンガリアンハムスター1匹を飼育するのに、かかった費用は1ヶ月で972円 です。

  1. ペレットなどの食費 430円
  2. 交換する床材 440円
  3. トイレの砂代 102円

内訳はこうなりました。

エアコンなどの光熱費やおやつ代などは、今回の計算には入れていません。

またフードやトイレ砂は2、3ヶ月に一度まとめて購入しています。
それらを1ヶ月分として計算した費用とお考え下さい。

だいたい1,000円前後といったところです。ハムスターを飼育している方の中ではおそらく平均的なコストではないでしょうか。

ゴールデンハムスターの場合ですと平均して1ヶ月1,402円でした。
フード代がほぼ倍程度。トイレ砂はジャンガリアンよりすこし使用量が多かったかなといった所です。


床材は紙製のものを使用していましたので、おがくず(ウッドチップ)などを使用すれば、もう少し安くすませることは可能です。

何の床材、トイレ砂、フードを利用するか、また飼育環境やその子の好みによって使用頻度や費用は変わってきます。
あくまで目安としてください。

ハムスター1ヶ月分の食費

ゴールデンハムスター キンクマ

わたしが飼育していたジャンガリアンハムスターの1ヶ月の食費は約430円でした。

どれくらいの金額がかかるかはどのフード(エサ)を食べさせるかにより異なります。


 
今回の計算で使用していたフードはハムスターヘルシープレミアム 250g

ジャンガリアンハムスターがこちらを一袋食べきるのに、約2か月かかっていました。

フードの他に毎日少しの量のおやつを与え、このくらいの日持ちでしたので平均的な使用量の目安としてもらって良いと思います。

あまり大容量のものですと傷んでしまうこともありますので、ご注意ください。

1日に与えるフード(エサ)の量は、ハムスターの体重の5%~10%が目安となります。

ジャンガリアンハムスターの場合3~5g程度です。
ハムスターは体が小さな分、犬や猫と比べ食費がほとんどかかりません。

ハムスターはペレットという人工的に配合されたフードを主食にします。
必要なタンパク質、脂肪、繊維質を含んでおり、これを食べるだけで必要な栄養素はほぼ補えます。

ハムスター1ヶ月分の床材費用

ジャンガリアンハムスター イエロー プディング

床材にかかる費用は1ヶ月で約440円でした。

週に一度の掃除で床材を全交換。そのペースで約2か月で一袋使い切る感じでした。

こちらも床材を何の種類にするか。どれを選ぶかによって大きく異なってきます。

今回の計算で使用していたのは GEX ごきげん快適マット 超お徳用 1kg

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥798 (2022/07/01 21:19時点 | 楽天市場調べ)

個人的にとてもおすすめの紙製床材です。メリットとして

  1. まとまるとフワフワ、クッション性がある
  2. ほこりが出にくく、ハムスターに優しい
  3. 通気性に優れ、夏冬共に快適に使用可能
  4. ハムスターが巣作りしやすいタイプ

またおがくずなどのウッドチップを使用するともう少し安価になると思います。

その際はアレルギーなどのリスクを避けるため、広葉樹を原材料としたものがおすすめです。

  • 床材を保存する際はしっかり密封してください。
    虫などが入ってしまうことがあります。

床材はハムスターが巣作りに利用したり、クッションの役割を果たしてハムスターの足を保護する効果もあります。
ほかにも暑さや寒さからハム達を守ってくれます。必ず使用してあげましょう。

ハムスター1ヶ月分のトイレ砂費用

ゴールデンハムスター キンクマ

1ヶ月のトイレ砂にかかる費用は102円でした。

参考に使用していたのは マルカン サラサラ さら砂 1.5kg

¥255 (2022/05/20 18:13時点 | Amazon調べ)

使用頻度としては、毎日のトイレ掃除で汚れた部分を交換。また週に1回、もしくは2回全交換といった使用感で、約2か月半で使い切っていました。

トイレの掃除する時は砂を毎回全交換する必要はありません。
オシッコが付いて汚れた部分だけをスコップなどで捨て、減った分を補充するといったやり方で大丈夫です。
よって消費量もそれほどありません。

ハムスターその他の費用

エアコンやヒーターなどの電気代

ハムスターを飼育する際はエアコンやヒーターなどの光熱費も必要になるでしょう。

ハムスターは暑さ・寒さに弱く、飼育する際はエアコンなどで温度管理してあげる必要があります。

気温 20~26℃ 
湿度 40~60%
程度に調整してあげましょう。
温度湿度計で管理するのがオススメです。

エアコンを使用することが理想ですが、使用しない方法もこちらの記事で紹介しています。

ハムスターの夏の暑さと湿気対策 | エアコンを使用しない方法も紹介!ハムスターの夏や梅雨時の暑さ、湿気対策を解説しています。エアコンを使用しない方法も紹介します。...

シートヒーターという小動物用の暖房器具もあります。
電気代を節約できますので、こちらを使用することもおすすめです。
ケージの下部に敷くだけで気軽に使用できます。

ハムスターの医療費

ハムスターがケガや病気になった場合、動物病院のお世話になり医療費がかかります。

ハムスターは人間のような保険制度はありませんので、病院ごとに医療費を設定しています。

軽い症状で数千円、手術などになると一万円以上になることもあります。

ハムスターを飼育する際は犬や猫と同様、病気などのリスクがあり、生体より高額な医療費がかかるかもしれません。

例としてわたしが飼育していたハムスターが動物病院に行った時にかかった医療費を紹介します。

実際にかかった金額だから参考になると思いますよ。

爪切り 約1,000円

ハムスターは爪が伸びすぎてしまうことがあります。そういった場合は切ってもらわなければ、毛づくろいの際などに目を傷つけてしまうかもしれません。

健康診断 約5,000円

定期的に健康診断をしてもらった際にかかった費用です。
目鼻、手足など全身に異常が見られないか、歯のチェック、腫瘍の有無、便検査などをしてもらいました。

腫瘍の診察と投薬 約5,000円

ハムスターに腫瘍が出来てしまい、診察と内服薬をもらった際にかかった医療費です。

もちろん動物病院によって医療費は異なってくるとおもいますが、参考にしてください🐹

まとめ

以上がハムスターを飼育するうえで毎月必要になる費用となります。

基本的には最低でも1ヶ月ごとに1,000円前後の費用がかかるということですね。

また夏場や、冬など暑さ寒さが厳しい季節は、光熱費が余計にかかるということも考えておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。